性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?

淋病

淋病はどんな性病?

淋病はあらゆる性行為(セックス・アナルセックス・オーラルセックスなど)により「淋菌」に感染して起こる性病(性感染症)です。

 

先進国では減少傾向にあるのに比べ、日本では増加傾向にあります。

 

1回のセックスでの感染率が約30%と非常に感染力が強いのが特徴。淋菌に感染した人で、クラミジアに重複感染している人も30%くらいいるという統計があります。

 

ここ数年、淋病に使われる薬剤に耐性を持った菌が検出され、薬が効き難いなどの事例が出てきました。

 

スーパー淋病と言われている、薬剤に耐性を持った菌(各種薬剤耐性淋菌)のことです。

 

淋病は感染力が強くすぐに感染してしまう上、無症状の場合も多いため、なかなか感染にブレーキがかからないのです。

 

 

淋病を予防するにはどうすればいい?

淋病を予防するにはコンドームの使用が有効です。

 

コンドームは破れたりはずれたりする可能性がある為、全ての性感染症を完全に防げるわけではありませんが、一定の効果はあります。

 

またパートナーが変わるときに検査を受けるなど、定期的な検査も大切な人を守る為のエチケットでしょう。

 

もし自分が淋病、或いは他の性感染症である事がわかった場合、パートナーに性感染症の検査を受けるよう話すことも大切です。

 

きちんと話し、検査を受けてもらうことで重い合併症になるリスクも回避できます。そして自分も相手から再び感染させられる危険性を減らすことができます。

 


本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。

※「ふじメディカル」「性病検査STDチェッカー」では第4世代のHIV抗原抗体検査を行っています。

 

淋病についての関連記事です

淋病について
淋病の感染経路
淋病の症状
淋病検査を受けるタイミング
淋病とHIVの重複感染
淋病検査の費用




関連ページ

淋病の感染経路
淋病はあらゆる性行為(セックス・アナルセックス・オーラルセックスなど)により感染します。感染経路、感染源は風俗女性が60%を占め、一般女性の40%を上回ります。
淋病の症状
淋病はあらゆる性行為(セックス・アナルセックス・オーラルセックスなど)により「淋菌」に感染して起こる性病(性感染症)です。先進国では減少傾向にあるのに比べ、日本では増加傾向にあります。
淋病検査を受けるタイミング
淋病検査を受けるタイミングは大事です。淋病は感染する可能性があった日から2〜3日たっていれば検査可能です。明らかに自覚症状がある場合は、病院で早期診断・早期治療を行うことをおすすめします。
淋病とHIVの重複感染
淋病は最近ではスーパー淋病が流行ってしまい抗生物質が効きにくくなった新しい淋病がでてきています。セックスが多様化し感染の機会が増えたこともひとつの原因ですが、何度も感染を繰り返すと、薬に対する耐性菌が生まれるのもちょっと考えればわかることですよね
淋病検査の費用
淋病に感染したかな?不安な症状がある場合はすぐ病院に行くことをオススメします。淋病はあらゆる性行為で感染する性病です。淋病検査の費用は保健を使うかどうかでも変わってきます。