性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?

HIVの第4世代の抗原・抗体検査

2017年現在、最も使用されているスクリーニング検査は、第4世代抗原・抗体検査です。

 

第4世代の抗原抗体検査が主流になる前、HIVの最短検査方法は「NAT」検査でした。しかし抗原抗体検査が可能にり、さらにウインドウピリオドが短縮されています。

 

郵送式検査キットの大手「ふじメディカル」や「STD研究所」が、2016年秋より第4世代抗原抗体検査の対応を開始しました。

 

病院や保健所に行く時間がなかったり、人に知られる不安がある人にとっては、かなり検査を受けやすくなったのではないかと思います。

 

HIV第4世代の抗原・抗体検査は、抗原と抗体の両方を捉えることができるため、「NAT検査」に比べ、1週間ほど早い時期からHIV検査が可能。さらにNAT検査に比べると費用面でも安くすむんですよ。

 

第4世代の抗原抗体検査とは

「抗原」とはHIVそのもののこと
「抗体」とは特定の「抗原」が体に侵入した後、その抗原に対して体の中で産生されるタンパクです。

 

ウイルスが体に侵入してから抗体ができるのには、通常4週間ほどかかり、一定量に達するまで検査結果に反映しません。

 

一方、抗原検査ではHIVの一部分であるHIV抗原を検出するので、より早く感染の有無が分かるようになったのです。

 

HIVの第4世代の抗原・抗体検査は、気になる行為より30日経過後からHIV1型(抗原)が検出可能です。

 

郵送式性病検査キットメーカー「ふじメディカル」「STD研究所」では、2016年秋より第4世代の抗原抗体検査の対応をはじめました。

 

人目を気にするストレスなく、早い時期からHIV1型の検査結果がわかるので利用者も増えているようです。

 

ただし、HIV第4世代の抗原・抗体検査はHIVT型しか検査できない為、U型の感染の有無を確認するのは、やはり行為から90日以降(3ヶ月以降)に確認検査を行なう必要があります。

 


本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。

※「ふじメディカル」「性病検査STDチェッカー」では第4世代のHIV抗原抗体検査を行っています。

 

HIV(エイズ)の関連記事です

HIVの感染経路
HIVの現状
HIVの治療で治癒はあるのか
HIVと梅毒の併発
HIVT型U型について
ウインドーピリオド(ウインドー期)
HIVの第4世代の抗原・抗体検査
NAT(核散増幅法検査)について




関連ページ

HIV感染経路について
HIV(エイズ)は血液、体液(膣液、精液)等から移る性感染症です。HIVは通常の生活でHIVに感染する確率はきわめて低く、セックス、輸血、針刺し、母乳などが多く見られる感染経路です
HIVの現状
HIV感染者は日本国内でも1日に4人の割合で増えつづけ、毎年1000人以上の新たな感染者が見つかっています。分かっているだけで国内のHIV感染者とエイズ(AIDS)患者の累計は1万人を超えました。
HIV検査の時期(タイミング)はいつ?
HIV検査の時期(タイミング)はいつなのかは検査方法によって変わってきます。スクリーニング検査には第3世代抗体検査 、第4世代抗原抗体検査、NAT検査の3種類があります
HIVの治療で治癒はあるのか
HIVを完全に消失させる(完全に治癒する)特効薬は今のところ見つかっていません。しかし抗ウイルス剤の投与で血液中のHIVウイルスの量を検出限界以下に抑え、エイズ発症(AIDS)を遅らせることができるようになりました。
HIVと梅毒との併発
梅毒患者はHIVに感染しやすく、またHIV感染者には梅毒患者が多いという事実をご存知でしょうか?梅毒、性器ヘルペス、クラミジア、淋菌、尖圭コンジローマなどの性病にかかっている人はHIVに数倍〜数十倍感染しやすく併発が心配されます。
HIV I型U型について
HIVには現在のところT型・II型があり、日本国内で感染が分かっている人はT型のHIVです。HIVに感染したかもしれない、という不安を消し去るには性病検査をうける以外にはありません。病院や保健所で性感染症の検査をおこなっています。
ウィンドーピリオド(ウィンドー期)
ウィンドーピリオド(ウィンドー期)とは、HIVに感染していても感染初期の為検出されるほどのウイルス数に達していない為、検査では陰性と出てしまう期間をいいます。
NAT(核酸増幅法検査)について
NAT(核酸増幅法検査)はRNA遺伝子を抽出し、逆転写酵素を用いてDNAウイルスを増幅させ、ウイルス遺伝子の存在を確認する検査法です。HIV感染機会から2週間目から検査できますが検査に数日かかる為、感染の機会から最短で3週間後に結果が分かることになります。