性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?

クラミジアの現状

クラミジアの感染動向

クラミジアの感染者は爆発的に増えており、特に10代〜20代といった若い世代に感染者のピークがあります。

 

風俗嬢でも
風邪気味でのどが痛い
またか…
というレベルで感染するそうです。

 

風俗嬢の場合、一日に多くの客を相手にするわけですから、当然といえば当然かもしれません。

 

しかし、近年の傾向は風俗店からの感染よりも、一般の彼氏彼女の関係の中での広がりが目立ってきています。

 

クラミジアは自覚症状が少なく、気づきにくいため、パートナーが替わるときに感染を広めていってしまうのです。

 

クラミジア感染者の多くは10代〜20代の女性です。性行為の経験があれば、決して人事ではない性病なので、パートナーが変わる時など定期的に検査をする事が望まれます。

 

 

クラミジアの蔓延

女性がクラミジアに感染した場合、症状を感じにくく男性に比べると感染に気付かないのが現状です。(だいたい5人に4人は無症状)

 

進んで検査を受けない限りクラミジアに感染していることがわからないため、そのまま何年も経過することになります。そしてその間に性的な関係にあった人に感染させてしまうのです。

 

風俗店ではオーラルセックスなどの口と性器のサービスが多く見られますが、咽喉に感染した場合も風邪の症状と似ているため見過ごされやすく、蔓延の原因の1つとなっています。

 

クラミジアは感染率が高く40%〜50%の確率で移ります。コンドームの使用がもっとも有効ですが、パートナーが変わるたび、また定期的に検査を受ける以外に蔓延防止方法はないのが現状です。

 


本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。

※「ふじメディカル」「性病検査STDチェッカー」では第4世代のHIV抗原抗体検査を行っています。

 

クラミジア感染症の関連記事です

クラミジア感染症
クラミジアの現状
クラミジアの主な症状
クラミジア検査のタイミング
クラミジアとの重複感染




関連ページ

クラミジア感染症
クラミジアは性器、咽喉を3含む性感染症(STD)の分野では感染者数No1の性病です。症状を感じないため自分で気がつきにくいため検査を受けるタイミングを逃し感染が拡大しています。
クラミジアの主な症状
クラミジアは性器、咽喉を3含む性感染症(STD)の分野では感染者数No1の性病です。症状を感じないため自分で気がつきにくいため検査を受けるタイミングを逃し感染が拡大しています。
クラミジア検査のタイミング
クラミジア感染症の場合、感染してから2〜3日で検査する事ができます。ただ、感染してから症状が出る(発症)までには1〜3週間ほどかかる為、気付かないことが多いと思われます。感染の可能性としての検査でしたら、もちろん気になる性行為から2〜3日で検査可能です
クラミジアとの重複感染
クラミジアは性器、咽喉を3含む性感染症(STD)の分野では感染者数No1の性病です。症状を感じないため自分で気がつきにくいため検査を受けるタイミングを逃し感染が拡大しています。