性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?

クラミジア検査のタイミング

クラミジア検査のタイミング

クラミジア感染症の場合、感染してから2〜3日で検査する事ができます。

 

ただ、感染してから症状が出る(発症)までには1〜3週間ほどかかる為、気付かないことが多いのが現実。

 

感染の可能性としての検査でしたら、もちろん気になる性行為から2〜3日で検査可能です。

 

明らかに自覚症状がある場合は、できるだけ早く病院での受診をおすすめします。

 

クラミジアはパートナーも感染しているケースがほとんどなので、二人一緒に検査、治療する必要があります。

 

感染がわかったら、必ずパートナーにも話し、検査を受けてもらいましょう。

 

クラミジアは特にパートナーと一緒に治療することが大切です。

 

いくら自分が治療して完治しても、パートナーが治療していなければ再度感染するからです。

 

男性は泌尿器科、性病科で治療を受けます。
女性は婦人科、産婦人、性病科です。
咽頭感染の場合は耳鼻咽頭科を受診するとよいでしょう。

 

 

クラミジアに感染してしまったら

クラミジアは投薬などで完治する性病です。
しかし症状が軽いからといって軽くみていると病状が悪化して治療が長引いたり、治療期間中に他の人と性的な接触を持てば更なる感染につながります。

 

感染がわかったら、必ずパートナーにも話し、検査を受けてもらいましょう。

 

クラミジアは特にパートナーと一緒に治療することが大切です。

 

いくら自分が治療して完治しても、パートナーが治療していなければ再度感染するからです。

 

男性は泌尿器科、性病科で治療を受けます。
女性は婦人科、産婦人、性病科です。
咽頭感染の場合は耳鼻咽頭科を受診するとよいでしょう。

 

 

クラミジアは予防が大事

クラミジアは予防する事でかなりの確率で感染を防げます。

 

予防にはコンドームの使用が有効です。

 

ただし、オーラルセックスでは注意が必要。フェラチオの際、コンドームを使用する人はめったにいませんから。

 

感染防止、予防の面からは、1日に多くのお客さんを相手にする風俗店などの利用はできれば控える事が望ましいといえます。

 

感染しているかもしれないという不安がある、風俗を利用したことがあるなど気になる行為がある方は、できれば一度セルフチェックをしておくと安心です。

 


本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。

※「ふじメディカル」「性病検査STDチェッカー」では第4世代のHIV抗原抗体検査を行っています。

 

クラミジア感染症の関連記事です

クラミジア感染症
クラミジアの現状
クラミジアの主な症状
クラミジア検査のタイミング
クラミジアとの重複感染




関連ページ

クラミジア感染症
クラミジアは性器、咽喉を3含む性感染症(STD)の分野では感染者数No1の性病です。症状を感じないため自分で気がつきにくいため検査を受けるタイミングを逃し感染が拡大しています。
クラミジアの現状
クラミジアは性感染症(STD)の分野では感染者数No1の性病、10代〜20代といった若い世代に感染者のピークがあります。症状を感じないため気がつきにくく検査を受けるタイミングを逃しやすい性病です。
クラミジアの主な症状
クラミジアは性器、咽喉を3含む性感染症(STD)の分野では感染者数No1の性病です。症状を感じないため自分で気がつきにくいため検査を受けるタイミングを逃し感染が拡大しています。
クラミジアとの重複感染
クラミジアは性器、咽喉を3含む性感染症(STD)の分野では感染者数No1の性病です。症状を感じないため自分で気がつきにくいため検査を受けるタイミングを逃し感染が拡大しています。