性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?

淋病の現状

淋病の現状

淋病は古典的な性病の1つですが、最近ではスーパー淋病の流行で抗生物質が効きにくい新しい淋病がでてきています。

 

セックスが多様化し、オーラルセックス、アナルセックスなど感染の機会が増えたこともひとつの原因です。また何度も感染を繰り返すと、薬に対する耐性菌が生まれるのもちょっと考えればわかることですよね。

 

特に風俗店でのオーラルセックス(フェラチオ)は感染確率が高いといわれています。

 

男性で、風俗通いをしていたら、淋病の経験が1度はあると言われていますが、あなたはどうですか?

 

感染して当たり前です。

 

淋病は1回の性行為で30%の確率で感染します。加えて風俗嬢は1日に何人もの男性の相手をするわけですから…
風俗店を利用すると言う事は、感染覚悟の上の行為といえます。

 

 

淋病とHIVの重複感染

淋病は治療すれば完治します。でもだからと言って甘く考えるのはとても危険です。

 

淋病に感染している人の20%〜30%は同時にクラミジアにも感染しているという報告があります。

 

今一番心配されているのは性病の重複感染です。

 

淋病に感染すると炎症を起こし膿が出たり、オリモノが増えたりします。それは粘膜が荒れてウイルスが進入しやすい状態になっているという事です。

 

わずかな傷口を見つけてHIV(エイズ)ウイルスや梅毒の病原菌であるトレポネーマは進入してきます。

 

淋病感染の可能性がある性行為をした場合は、すぐに淋病検査をし、さらにHIV検査も受けておいたほうが良いでしょう。

 


本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。

※「ふじメディカル」「性病検査STDチェッカー」では第4世代のHIV抗原抗体検査を行っています。

 

淋病についての関連記事です

淋病について
淋病の感染経路
淋病の症状
淋病検査を受けるタイミング
淋病とHIVの重複感染
淋病検査の費用




関連ページ

淋病について
淋病はあらゆる性行為(セックス・アナルセックス・オーラルセックスなど)により「淋菌」に感染して起こる性病(性感染症)です。先進国では減少傾向にあるのに比べ、日本では増加傾向にあります。
淋病の感染経路
淋病はあらゆる性行為(セックス・アナルセックス・オーラルセックスなど)により感染します。感染経路、感染源は風俗女性が60%を占め、一般女性の40%を上回ります。
淋病の症状
淋病はあらゆる性行為(セックス・アナルセックス・オーラルセックスなど)により「淋菌」に感染して起こる性病(性感染症)です。先進国では減少傾向にあるのに比べ、日本では増加傾向にあります。
淋病検査を受けるタイミング
淋病検査を受けるタイミングは大事です。淋病は感染する可能性があった日から2〜3日たっていれば検査可能です。明らかに自覚症状がある場合は、病院で早期診断・早期治療を行うことをおすすめします。
淋病検査の費用
淋病に感染したかな?不安な症状がある場合はすぐ病院に行くことをオススメします。淋病はあらゆる性行為で感染する性病です。淋病検査の費用は保健を使うかどうかでも変わってきます。