梅毒は3週間・3ヵ月・3年で症状が変わる

梅毒は3週間・3ヵ月・3年で症状が変わる

梅毒は3週間頃から症状が現れる

 

梅毒は3週間・3ヵ月・3年というように3、3、3でステージが上がり、皮膚や細胞だけでなく、脳神経まで犯す怖い性病です。

 

梅毒に感染してから3週間過ぎた頃から症状が出始めます。(無症候の場合もあります)

 

1機から4期に分けられ、全身症状が出る2期までに多くの方が感染に気がつきます。

 

3期以上に進行する患者さんはほとんどいなかったのですが、HIVとの重複感染で進行が一気に早まるケースも見られるようになって来ました。

 

 

梅毒の症状

第1期(梅毒 3週間〜)

小さなしこり「硬性下疳」や潰瘍ができ、少し遅れて股の付け根部分のリンパ節が腫れます。
痛みや痒みが無く、放置しても症状は2〜3週間で消えます。

 

第2期(梅毒 3ヵ月〜)

第1期の症状が消えた後、梅毒の病原体トレポネーマは血液の中に入り、全身に広がります。
そして3か月ほど経過すると発疹という形で「バラ疹」「丘疹性梅毒疹」「梅毒性脱毛症」などの皮膚症状が出てきます。
手のひらや足の裏から全身に2p〜3pのピンクや薄赤色の円形のあざ「バラ疹」が出来たり、「丘疹性梅毒」と言われる赤茶色の盛り上がったブツブツが全身に広がります。

 

第3期(梅毒 3年〜)

感染から3年以上経つと「結節性梅毒疹」や「ゴム腫」などといわれる大きなしこりが出来ます。
保健体育の授業で「梅毒が進行すると鼻が落ちる・鼻がもげる」と習ったと思いますが、ゴム腫が鼻骨にできると、崩れたり陥没することがあり、この状態がそれに当たります。

 

現在では3期以上の進行はあまり見られませんが、HIVとの同時感染で進行が早まるケースも報告されるようになりました。

 

第4期

さらに進行すると、心臓、血管、神経、精神、目などに重い障害が現れ、場合によっては死に至ります。

 

梅毒は症状が多彩であるため、診断が難しいという厄介な性病です。

 

 

梅毒検査のタイミング

症状がある場合は、なるべく早い時期に病院で診察をうけることをおすすめします。

 

ここで注意したいのは無症候梅毒が意外に多いという点です。

 

たとえ症状はなくても感染している人が多いということです。

 

梅毒は早期発見できれば治療期間も短く治癒する性病です。

 

もしも梅毒感染の不安、心当たりの行為がある場合は、一度検査を受けておかれるのもよいでしょう。

 

梅毒検査のタイミングは、不安行為から4週間経過後(厚生労働省では3週間以降としています)に検査が可能です。




関連ページ

梅毒について
梅毒に感染したかもしれない、という不安を消し去るには性病検査をうける以外にはありません。病院や保健所で性感染症の検査をおこなっています。匿名ですが検査料は保健所によって無料のところと有料のところがあります。またほとんどの保健所の検査日は月に2回程度です。
梅毒検査を受けるタイミング
梅毒に感染したかもしれないという不安を持っている場合、すぐにでも検査を受けたい気持ちになると思います。あなたが検査を受けようと思っているのであれば、ちょっと待ってください。
梅毒のウインドウピリオドについて
ウインドウピリオドとは検査に必要な抗体ができるまでの期間のこと。梅毒のウインドウピリオド以降に検査を受けることで陽性か陰性かの正しい検査結果を得られます。
梅毒性脱毛症
梅毒性脱毛症は感染してから3ヶ月以降に出る梅毒2期の症状のひとつです。円形脱毛症のような症状で虫食い上にハゲます。
梅毒の感染者数と感染経路
梅毒に感染したかもしれない、という不安を消し去るには性病検査をうける以外にはありません。病院や保健所で性感染症の検査をおこなっています。匿名ですが検査料は保健所によって無料のところと有料のところがあります。またほとんどの保健所の検査日は月に2回程度です。
梅毒とHIV(エイズ)の重複感染
梅毒感染でHIV感染率が上昇しています。梅毒に感染した場合、必ずといっていいほど医師からHIV検査を勧められます。それは梅毒とHIV(エイズ)の重複感染が多いためです。
梅毒感染者の76%が15歳〜35歳
梅毒に感染したかもしれない、という不安を消し去るには性病検査をうける以外にはありません。病院や保健所で性感染症の検査をおこなっています。匿名ですが検査料は保健所によって無料のところと有料のところがあります。またほとんどの保健所の検査日は月に2回程度です。
梅毒患者の7割が男性
国内の梅毒患者の7割が男性です。またその多くが同性間の性行為による感染であることがわかっています。梅毒に感染したかもしれない、という不安を消し去るには性病検査をうける以外にはありません。
梅毒予防の6か条
梅毒の感染が急増しており2015年は26年ぶりに2000人を越える感染者の報告がありました。梅毒から身を守るには正しい知識を持ち予防を心がける事が大切です。
無症候梅毒とは
無症候梅毒とは症状は見られないものの梅毒血清反応が陽性のものを「無症候梅毒」といいます。無症候梅毒には3つの時期があります。
梅毒の自然治癒について
血液検査で過去に梅毒に感染していたことがわかり、治療していないのに治癒していたという事例もあります。梅毒の自然治癒です。
梅毒の検査費用
梅毒検査を病院で受ける場合健康保険が適用されるか適用されないかで検査費用は大きく違ってきます。