性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?

クラミジア感染症

クラミジアはどんな性病?

クラミジアは「クラミジアトラコマチス」が原因菌です。
昔は「トラコーマ」など、眼病として一般的に知られていましたが、水質が良くなり目の病気のトラコーマは自然となくなってきました。

 

しかし現在、性器、咽喉を3含む性感染症(STD)の分野では、感染者数No1の性病です。

 

クラミジア感染者は10代から20代の女性にもっとも多く、症状を感じないため自分で気がつきにくく、感染が拡大しているのです。

 

クラミジアに感染すると粘膜があれウイルスが進入しやすくなるため、HIV感染の危険度が5倍になるともいわれています。

 

また不妊の原因になったり、出産時に産道感染の危険もあります。

 

クラミジアはこんな性病
  • 感染者数No.1
  • 気付きにくい
  • 10〜20代に多い
  • 咽頭に感染
  • HIV危険度5倍
  • 不妊
  • 産道感染の恐れ

 

 

クラミジアの感染経路

クラミジア トラコマティスは膣や子宮、男性の尿道、そして咽頭(のど)に住み着き、セックスやオーラルセックスなどの性行為によって感染します。

 

クラミジアの感染経路
  • 口と口(ディープキス)
  • 口と性器(オーラルセックス・フェラチオ)
  • 性器と性器(セックス)
  • 性器と肛門(アナルセックス)

 

主な感染経路はコンドーム無しのセックス、オーラルセックス、フェラチオなどです。男性の尿道分泌物から女性の性器に、女性の性器から男性の尿道に感染します。

 

女性は症状を感じないため自分で気がつきにくく、風俗店でも一番感染しやすい性病です。ホンバンなしだからといって安心はできないって事ですね。

 

感染率は40%〜50%
非常に高い確率で感染します

 

トイレの便座やコップの回しのみで感染することはありませんが、性器からの分泌物が目に入ることによって激しい結膜炎になることがあります。

 

クラミジア感染者の多くは10代〜20代の女性です。
性行為の経験があれば、決して人事ではない性病なので、パートナーが変わる時など定期的に検査をする事が望まれます。

 


本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。

※「ふじメディカル」「性病検査STDチェッカー」では第4世代のHIV抗原抗体検査を行っています。

 

クラミジア感染症の関連記事です

クラミジア感染症
クラミジアの現状
クラミジアの主な症状
クラミジア検査のタイミング
クラミジアとの重複感染




関連ページ

クラミジアの現状
クラミジアは性感染症(STD)の分野では感染者数No1の性病、10代〜20代といった若い世代に感染者のピークがあります。症状を感じないため気がつきにくく検査を受けるタイミングを逃しやすい性病です。
クラミジアの主な症状
クラミジアは性器、咽喉を3含む性感染症(STD)の分野では感染者数No1の性病です。症状を感じないため自分で気がつきにくいため検査を受けるタイミングを逃し感染が拡大しています。
クラミジア検査のタイミング
クラミジア感染症の場合、感染してから2〜3日で検査する事ができます。ただ、感染してから症状が出る(発症)までには1〜3週間ほどかかる為、気付かないことが多いと思われます。感染の可能性としての検査でしたら、もちろん気になる性行為から2〜3日で検査可能です
クラミジアとの重複感染
クラミジアは性器、咽喉を3含む性感染症(STD)の分野では感染者数No1の性病です。症状を感じないため自分で気がつきにくいため検査を受けるタイミングを逃し感染が拡大しています。