性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?


本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。



信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。

※「ふじメディカル」「性病検査STDチェッカー」では第4世代のHIV抗原抗体検査を行っています。

梅毒記事一覧

梅毒について

先天性梅毒と後天性梅毒梅毒は性的な接触などで移る性感染症(性病)です。トレポネーマという病原菌が性的な接触(他人の粘膜や皮膚と直接接触)する事で移ります。症状が多彩であるというの特徴を持つ梅毒は、3週間、3ヵ月3年という間隔で変化しながら進行していきます。梅毒には母子感染で妊婦から胎児に感染する先天...

≫続きを読む

 

梅毒検査を受けるタイミング

梅毒に感染したかもしれないという不安を持っている場合、すぐにでも検査を受けたい気持ちになると思います。あなたが梅毒検査を受けようと思っているのであれば、ちょっと待ってください。梅毒は気になる行為の後、すぐに検査しても正しい検査結果を知ることはできません。梅毒は抗体ができるまでに約4週間必要とされてい...

≫続きを読む

 

梅毒のウインドウピリオド

梅毒のウインドウピリオドについてウインドウピリオドとは検査に必要な抗体ができるまでの期間のこと。ウインドウピリオド以降に検査を受けることで、感染しているかしていないか、正しい検査結果を得られます。公的機関が発表している「梅毒の検査のタイミング」は以下のようになっています。厚生労働省のホームページht...

≫続きを読む

 

「バラ疹」梅毒の皮膚症状

「バラ疹」梅毒の皮膚症状バラ疹は梅毒2期の代表的な症状です。2期になると梅毒の病原菌である「トレポネーマ」が血液にのって全身にいきわたり、皮膚湿疹などの症状を起こします。その一つが「バラ疹」です。微熱や倦怠感と共に、5o〜2pまでのバラの花びらのようなピンク色の円形のあざが、手のひらや足の裏から全身...

≫続きを読む

 

「丘疹性梅毒疹」梅毒の皮膚症状

赤く盛り上がったような湿疹「丘疹性梅毒疹」「丘疹性梅毒(きゅうしんせいばいどく)」も梅毒2期の全身症状のひとつです。バラ疹がおさまった頃、感染して4か月から6か月経過した頃に発生します。丘疹性梅毒疹は大豆から爪くらいの大きさで、赤く盛り上がったかたい皮疹です。上半身を中心に、顔面にも発生します。はじ...

≫続きを読む

 

梅毒性脱毛症

梅毒に感染して、梅毒2期に入ると脱毛症状が出ることがあります。梅毒の脱毛症状は直径が3mm〜5mm位の円形脱毛が虫食いのように頭のサイドにできるのが特徴です。コンドームなしの危険行為や、不安に思うセックスの後、3ヶ月から5ヶ月くらいでこのような症状が見られた場合、梅毒に感染した可能性があります。ちょ...

≫続きを読む

 

梅毒が視神経を侵せば失明もある

梅毒は感染してからの期間によって、様々な症状があります。梅毒の病原菌トレポネーマが全身に回り、目の神経を侵せば視神経炎を起こし、失明の危険もあります。梅毒1期の「しこり」や「硬性下疳」「扁平コンジローマ」梅毒2期の「バラ疹」「丘疹性梅毒疹」「梅毒性脱毛」などはわかりやすい症状ですが、臨床経験のない医...

≫続きを読む

 

梅毒の感染者数と感染経路

梅毒の感染者数梅毒感染者数がこの数年急増の傾向にあり、厚生労働省が注意を促しているのをご存知ですか?2012年に875例、2013年に1228例、2014年に1671例、2015年はわずか半年間で1000人を超え、昨年1年間の66%を超える梅毒感染者数が報告されています。梅毒感染者が増加し始めた20...

≫続きを読む

 

梅毒とHIV(エイズ)の重複感染

梅毒感染でHIV感染率が上昇梅毒に感染した場合、必ずといっていいほど医師からHIV検査を勧められます。それは梅毒感染者にHIV感染者が多いためです。(梅毒感染者のうち8割がHIVにも感染しているという報告があります)逆に言うと、HIV感染者に梅毒感染者が多いともいえます。HIVによって免疫力が下がっ...

≫続きを読む

 

梅毒感染者の76%が15歳〜35歳

梅毒感染女性が倍増女性、特に若い女性の感染者が、2015年は前年比で2倍でした。梅毒感染が急増しているニュースの中で今までになかった傾向は、女性感染者の急増です。若い女性に梅毒感染者が増えると、妊娠している場合、流産や死産のリスクが高まります。それだけでなく生まれてくる赤ちゃんが先天性の梅毒になる可...

≫続きを読む

 

梅毒患者の7割が男性

梅毒患者の7割が男性梅毒は感染が確認されると国に報告する事になっているため、感染経路や年齢、性別などの発生動向がわかります。国内の梅毒の感染状況は、その多くが同性間の性行為による感染であることがわかっています。また、男性が20代〜40代にピークがあるのに対し、女性は10代〜20代前半に感染者の増加が...

≫続きを読む

 

梅毒予防の6か条

梅毒の感染者は急増しており、2015年は26年ぶりに2000人を越える感染者の報告がありました。2016年は、4月迄で前年の2倍の感染者が出るなど、梅毒は一度流行し始めると感染が拡大する恐ろしい性病です。梅毒から身を守るには、梅毒に関する正しい知識を持ち、予防を心がける事が大切です。梅毒予防の6か条...

≫続きを読む

 

無症候梅毒とは

無症候梅毒とは、症状は見られないものの、梅毒血清反応が陽性のものを「無症候梅毒」といいます。無症候梅毒には3つの時期があります。初感染後、まだ症状がでていない時期梅毒1期から2期への移行期梅毒2期のバラ疹消失後一期の初期の初期硬結という痛みのない硬い病変、または初期硬結が崩れ、硬性下疳と呼ばれるやは...

≫続きを読む

 

梅毒は3週間・3ヵ月・3年で症状が変わる

梅毒は3週間頃から症状が現れる梅毒は3週間・3ヵ月・3年というように3、3、3でステージが上がり、皮膚や細胞だけでなく、脳神経まで犯す怖い性病です。梅毒に感染してから3週間過ぎた頃から症状が出始めます。(無症候の場合もあります)1機から4期に分けられ、全身症状が出る2期までに多くの方が感染に気がつき...

≫続きを読む

 

梅毒の自然治癒について

血液検査で過去に梅毒に感染していたことがわかり、治療していないのに治癒していたという事例もあります。梅毒の自然治癒です。どうしてこのような状態が起こるのかは不明ですが、「梅毒の自然治癒」に関して皮膚科の先生がHPなどで紹介しておられるのを見て驚きました。症状がなく(症状に気づかず)、知らない間に梅毒...

≫続きを読む

 

梅毒の治療薬について

梅毒の治療薬は通販で購入できるのか、市販されているのかできればコッソリ治したいんだけど…感染の不安を抱えている方はとても不安だと思います。梅毒の治療薬は薬局やネット通販で販売されているのか、また病院でどのような手順で治療薬が処方され、どのように治療していくかについてご紹介したいと思います。梅毒の治療...

≫続きを読む

 

梅毒検査 STS法とは

STS法はリン脂質のカルジオリピンとレシチンを混合した脂質抗原を利用する検査方法で、「ガラス板法」「梅毒凝集法」「RPR法」などがあります。比較的早い時期から陽性反応となる為スクリーニング検査に使用されていますが、梅毒以外の病原体にも反応するため、梅毒の診断はSTS法でスクリーニングし、TPHAで確...

≫続きを読む

 

梅毒検査 TPHA法とは

梅毒の血清反応検査は大きく分けて、STS法とTP法の2種類あります。TP法梅毒の原因である「トレポネーマ」に対する抗体反応を調べる方法。梅毒に直接起因する抗体を調べるため感染の有無を調べるには適切な検査方法です。STS法脂質を抗原とする脂質抗原検査です。梅毒に感染してから2週間〜5週間で陽性となりま...

≫続きを読む

 

梅毒検査 RPR法とは

RPR法は、梅毒の血清反応検査STS法のひとつです。STSには「RPR法」「ガラス板法」「凝集法」などの検査法がありますが、リン脂質の検査という点では同じ。現在のSTS検査の主流は「RPR法」ですSTSは比較的早い段階、梅毒に感染後2週間〜5週間で「陽性」となることからスクリーニング検査として、また...

≫続きを読む

 

梅毒の検査費用

梅毒検査を病院で受ける場合、健康保険が適用されるか適用されないかで検査費用は大きく違ってきます。自由診療の性感染症科(性病科)で梅毒検査を受ける場合は、一般的に1万円弱、8000円くらいの料金設定を行なっているところが多いようです。検査と診察で8000円程です。検査結果が陽性でれば、薬代が別途かかり...

≫続きを読む

 

梅毒の治療期間について

梅毒の治療期間は、梅毒に感染してから治療を始めるまでの期間によって変わってきます。海外ではペニシリンGの筋注単回投与が一般的ですが、日本ではペニシリン注射でアレルギーショックを起こし死亡者が出てから筋注は行われていません。経口合成ペニシリン剤の服用が主な治療法です。梅毒 治療期間の目安(経口薬の服用...

≫続きを読む

 

梅毒治療を売薬で済ませるのはとても危険

梅毒は治療方法が確立して、不治の病ではなくなりました。だからといって、安易に考えるのはとても危険です。きちんと治療を行なわなければ、命に関わる性病であることには変わりないからです。最近ですが、梅毒の治療薬といってネット販売しているサイトなどを見かけますが、オススメはできません。自分で勝手に治療しても...

≫続きを読む