性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?

性病に感染したかもしれない、という不安を消し去るには

性病に感染したかもしれない…

性器がかゆい・おしっこした時に痛い・ウミがでている・体にアザができている・体がだるい…

 

誰かとセックスした後、数日から数ヶ月たって体に異変を感じると、性病に感染したかもしれないと不安になります。そして誰にも言えず、その不安はだんだん大きくなっていきます。

 

あなたはどうですか?

 

「性病に感染したかもしれない…」

 

日に日に不安は大きくなっていくことでしょう。

 

もしも今、ウミが出ている、ただれている等の明らかな症状が見られる場合は、自分のためにも、パートナーのためにもできるだけ早く病院で診察を受けてください。

 

悩んでいるだけでは解決にはなりません。でも発見が早ければ性病かもしれないという悩みから開放され、治療期間も短くて済みます。

 

性病検査は、保健所や病院(クリニック)の「性病科(性感染症科)」でおこなっています。(男性なら「泌尿器科」女性なら「婦人科」でも検査できます)

 

病院に行く勇気があるならはじめからこんなに悩んだりしない!そういう声が聞こえてきそうです。

 

病院に行くのだって恥ずかしくてイヤなのに、看護婦さんから名前を呼ばれ、詳しく症状を説明する…。気が重くなるのはあなただけではありません。

 

大抵の人は、知り合いにバレるのを恐れて、わざわざ遠くの病院で検査しています。

 

遠くの病院で検査すれば、時間も交通費もかかりますし負担も大きくなります。

 

それでも遠くの病院で検査を受ける人が圧倒的に多いです。

 

それだけ人に知られたくない、秘密にしたいことなんですね…。

 

保健所でも「匿名検査」を行なっていますが、一部の会場を除いて性病検査は月に2回程度。知り合いとバッタリ鉢合わせするリスクもあります。

 

保健所の検査は無料匿名ですが、検査日が月に数日しかないうえ、バレル可能性がある点がネックになる人が多いようです。

 

 

検体を郵送して性病を検査するキットについて

あなたが性病かもしれないという不安を抱えていて、検査を迷っているのだとしたら、まずはセルフチェック・郵送式の性病検査をしてみてはどうでしょうか。

 

郵送式の性病検査は、血液などの検体をあなたが採取し、その検体(採取した検査物を)を郵送。
国の認可を受けた衛生検査所で検査を受ける方法です。

 

人に遭うことなく、精度の高い検査を受けることができます。

 

検査キットの受け取り方法には郵便局止め、配送センター止め、などの選択肢があり、家族と同居している人でも秘密のうちに、バレずに検査することができます。

 

費用も安上がりですし、ほとんどの場合2〜3日後に検査結果を知ることができます。

 

検査の信頼性ですが、「衛生検査所」として各都道府県知事に登録を認められた検査施設に検体を送るので、信頼性は高いです。

 


本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。

※「ふじメディカル」「性病検査STDチェッカー」では第4世代のHIV抗原抗体検査を行っています。