性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?

病院で性病検査費用はどのくらいかかるか

病院性病検査を受ける場合の費用は、検査を希望する性病の種類によっても違いますが、健康保険を利用しなかった場合で

 

初診料、診察料 3,000〜5,000円
検査代 4,000〜10,000円 (検査項目による)

 

上記以外にも検査結果を聞くために再度出向く際、再診料がかかります。

 

知り合いに遭うのを避けるため、離れた場所にある病院を利用する場合は、交通費なども考えておく必要があるでしょう。

 

性病検査の場合、健康保険が適用になる場合と適用されない場合があり、症状の有無や病院の方針でかかる費用は変わってきます。

 

性感染症専門のクリニックの中には、全て自由診療(全額自己負担)で、検査から治療まで行なっているところもあります。

 

明らかに性病の症状がある場合は病院で見てもらうのが大前提ですが、症状は無いけど「性病に感染しているかちょっと確かめたい」という場合は、郵送式の検査も便利なのでおすすめです。

 

国の認可を受けた「衛生検査所」で病院や保健所などと同等の検査を、手軽な費用(3300円位〜)で受けることができます。

 

検査結果もWebや電話などですばやく確認できるため、年々利用者が増えています。

 


本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。

※「ふじメディカル」「性病検査STDチェッカー」では第4世代のHIV抗原抗体検査を行っています。

検査キット販売メーカー比較




関連ページ

病院の性病検査メリットデメリット
性病検査を病院で受けるメリットは病院があいている時間であれば自分の都合で検査することができ、陽性であればそのまま治療できる点でしょう。症状がある場合は健康保険を利用する事もできます。