性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?

性病検査キットのメリットデメリット

性病検査キットの最大のメリットは
病院や保健所に出向くことなく、
匿名で性病検査を受けられることです。

 

検査結果も早くわかるため

 

「性病かも・・・」

 

と言う不安からいち早く開放されたり
または病院に行く決心ができる点も
大きなメリットでしょう。

 

性病検査というと、以前であれば病院か保健所で検査する以外、確かめる方法はありませんでした。

 

そのため日中に時間が取れない人や、恥ずかしさで検査にいけない人などは症状を悪化させたり、さらなる感染の拡大要因にもなっていました。

 

しかし「郵送による性病検査キット」が開発され、簡単にセルフチェックできるようになりました。これは画期的なことだと思います。

 

自分でできる検査キットは匿名性が優れているため、最低限の個人情報の提示だけで性病検査を受けることができます。

 

 

性病検査キットのメリット

郵送式の性病検査キットのメリットは、何といっても家族や友人知人、会社の同僚に知られずに検査できるという秘匿性に優れている点でしょう。

 

病院や保健所で性病検査する場合と違って、結果説明のために再度出向く必要がありません。オンラインや電話で確認できるので、忙しい人や人目を避けたい人にはとても便利な検査方法です。

 

キットの受け取りは、家族と同居の場合でも中身が見えないような梱包ですし、配送センター止め、郵便局止めの配送も指定でき、細かな配慮があります。また夜間受け取りも可能です。

 

検査キットには丁寧な説明書が付属していて、わからない場合はコールセンターに問い合わせる事もできます。

 

採血、採尿、などの採取した検体は、国の認可を受けた「登録衛生検査所」(病院や保健所で検査が行われる所と同じ検査施設)で臨床検査技師によって検査が行なわれるので、検査の信頼性も高いです。

性病検査キットのメリットまとめ

  • 匿名で検査できる
  • キット受け取りの時の細かな配慮
  • 検査料はキット代金に含まれる
  • 簡単に性感染症検査ができる

    (コールセンター対応あり)

  • 2〜3日で検査結果が分かる
  • 検査結果はオンライン・電話で確認できる

※「ふじメディカル」「性病検査STDチェッカー」では第4世代のHIV抗原抗体検査を行っています。

 

性病検査キットのデメリット

郵送式の性病検査キットのデメリットはほとんどないと思います。

 

どうしてもデメリットを挙げるとすれば、
「検査のみ」しかおこなえない
という点ではないでしょうか。

 

病院で検査を受ける場合、検査結果が「陽性」であれば、そのまま治療、投薬ができます。しかし「郵送式の性病検査」で「陽性」が出た場合、やはり病院で治療を受けることになるからです。

 

ただ、その場合も「陽性」だということが判った上で病院に行けばいいので、結果的にはメリットになるのではないかと思います。

 

あなたにパートナーがいる場合、自分がいくら検査・治療しても、2人セットで行なわなければ再度感染することになります。

 

性病の症状を感じた場合は、パートナーと共に検査することを強くおすすめいたします。

 


本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。

※「ふじメディカル」「性病検査STDチェッカー」では第4世代のHIV抗原抗体検査を行っています。




関連ページ

性病検査キットの信頼性
病院や保健所に行かずに性病検査ができるキットはとても便利です。各都道府県知事の認可を受け、登録を認められた「衛生検査所」でけ検査するので保健所や病院と変わらない性感染症検査を受けられます。
検査結果について(性病検査キットの場合)
郵送式の検査キッドの場合、検査結果はオンライン、メール、電話などで確認する事ができます。もちろん匿名検査が可能ですし人に合わずに済むので人に知られるかもというストレスがありません。
プライバシーは保護されるの?(性病検査キットの場合)
郵送式の性病検査を受けた場合プライバシーは保護されるのか、みなさん不安に思うようです。たとえ検査結果が「陽性(+)」だったとしても、名前や住所など個人を特定できる情報が国などに報告されることはありません。
検査キット販売メーカー比較
郵送による性感染症の検査キットを販売しているメーカーを比較してみました。それぞれに特徴、サービスの提供に差はありますが、基本的な部分は共通しています。