性感染症(性病)最新ニュース

オーラルセックスで感染しやすい性病

オーラルセックスで感染しやすい性病には淋病、クラミジア、ヘルペス、梅毒などがあります。

 

本番行為がないので性病に感染することはないと思ったら大間違い。

 

たとえば、咽喉や口に淋病、クラミジア、ヘルペス、梅毒などの病原菌を持っている人と口を使った性行為を行なえば、感染のリスクがあるということです。

 

風俗では特に淋病、クラミジア感染が多く見られますが、梅毒だって感染の可能性はあります。

 

風俗嬢は1日に何人もの男性の相手をするので、その内の1人に性感染症を移されたら、それ以降のお客さんはみんな感染の危険にさらされてしまうのです。

 

口や咽喉に感染した場合怖いのは、症状がわかりにくいことです。

 

症状がなかったり分かりにくかったりする事で、本人に感染しているという自覚がなく、次々他の人に移してしまう可能性が大きいので注意が必要。

 

もしも症状が現れた場合は早めに病院で診てもらいましょう。

 

症状はないけれど、感染の可能性がある場合や、不安行為があった場合は、一度検査を受けてみることをお勧めします。

 

 

◆よく読まれている記事です◆
梅毒は電車のつり革で感染する?
梅毒はアナルセックスで感染する
梅毒はお風呂で感染する?

 


本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。

※「ふじメディカル」「性病検査STDチェッカー」では第4世代のHIV抗原抗体検査を行っています。




関連ページ

梅毒感染者2016年は4518人に急増
梅毒が急増する中2016年は1974年以来初めて報告数が4000人を越えました。若い女性に感染者が増えている原因は不明。梅毒は早期発見できれば治療期間も短くすみますが、hivと重複感染すると症状が一気に進みます。
オーラルセックスによる梅毒感染
梅毒は唇や口の中にも梅毒病変ができることがありオーラルセックスでも感染します。痛みやかゆみなどの症状がないため更に他の人に移してしまうこともあります。
性感染症の相談機関
性病・性感染症に関する相談機関として一番身近なのは全国の保健所です。
「セーラームーン」の性病予防ポスター
「美少女戦士セーラームーン」が「検査しないとおしおきよ!!」と呼びかける性病検査を勧めるポスターを厚生労働省が作成しました。