性感染症(性病)最新ニュース

若い女性に梅毒感染が広がっている

梅毒感染の報告数が増加しているニュースはたびたび上がっていました。

 

そして2016年の感染報告数は4,518人

 

1974年以来初めて梅毒感染者の報告数が4000人を超えました。かなり危険な数字です。

 

そして1974年当時と大きく違うところがあります。それは若い女性に感染者が増加している点です。

 

性病検査,保健所,病院,HIV,エイズ

 

4,518人の感染者のうち、7割が男性、残りの3割が女性でした。そして女性感染者の半数以上7が10代から20代の若い女性。

 

それも性風俗店に関係する職業ではなく、一般女性に感染が拡大しています。

 

若い女性になぜ梅毒感染が増加しているのか、原因は不明ですが、不特定多数の人との性行為が原因ではないかと言われています。

 

梅毒に感染しても危機感が薄い?

梅毒は不治の病と言われていましたが、治療方法が確立して一時感染者数は激減しました。

 

そして梅毒は過去の性病のような意識を持つ若者が増えたように感じます。

 

HIV(エイズ)などの性病が大きく報道されるようになり、梅毒に感染することへの危機感が薄れてしまったのかもしれません。

 

それを象徴するように、病院で梅毒に感染していることを告げられ、パートナーも検査を受けるよう伝えても、「は〜い」と答える若い女性に驚くという看護婦さんの話を耳にしたことがあります。

 

たとえ治療法が確立しても、梅毒はとても恐ろしい病気であることに変わりはありません。

 

一度梅毒に感染すると、たとえ治療が済んでいても梅毒検査(TP法)では陽性反応が出るということも忘れてはならないと思います。

 

1期、2期までに感染がわかれば治療できますが、発見が遅れるほど治療期間が長くかかったり、完治しないこともあります。

 

HIVとの重複感染

1974年当時との決定的な違いがもう一つあります。

 

それは梅毒感染者の多くがHIVにも感染しているという点です。

 

梅毒検査で陽性反応のが出た人は、必ずと言っていいほどHIV検査を勧められます。(HIV検査で陽性だった人は梅毒検査を勧められます)

 

これは感染経路が同じこともありますが、梅毒とHIVを同時感染すると、通常の治療ができなくなったり、梅毒のステージが一気に進み、神経梅毒に至るケース報告が上がっているためです。

 

パートナー以外と性行為はしない

パートナー以外との性行為はしない。
パートナーが変わるときはお互いにセルフチェックを行う…

 

それが理想ですが、性活動が活発な時期はなかなか難しいこともあるでしょう。

 

それでも自分の体と、愛する人の体を守るのであれば、定期的に性病検査は欠かせないと思います。

 

病院での検査が恥ずかしければ、郵送式の性病検査セットもあるので活用するのも一つです。

 

◆よく読まれている記事です◆
梅毒は電車のつり革で感染する?
梅毒はアナルセックスで感染する
梅毒はお風呂で感染する?>

 


本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。

※「ふじメディカル」「性病検査STDチェッカー」では第4世代のHIV抗原抗体検査を行っています。




関連ページ

オーラルセックスによる梅毒感染
梅毒は唇や口の中にも梅毒病変ができることがありオーラルセックスでも感染します。痛みやかゆみなどの症状がないため更に他の人に移してしまうこともあります。
性感染症の相談機関
性病・性感染症に関する相談機関として一番身近なのは全国の保健所です。
オーラルセックスで感染しやすい性病
性病に感染したかもしれない、という不安を消し去るには性病検査をうける以外にはありません。病院や保健所で性感染症の検査をおこなっていますが知人と鉢合わせする可能性があります。人に知られず自宅で性病検査ができる『郵送式の性病自己検査キット』という検査方法もあります。
「セーラームーン」の性病予防ポスター
「美少女戦士セーラームーン」が「検査しないとおしおきよ!!」と呼びかける性病検査を勧めるポスターを厚生労働省が作成しました。