性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?

淋病検査の費用

淋病検査の費用

淋病に感染したかな?
不安な症状がある場合はすぐ病院に行くことをオススメします。

 

  • 男性は 泌尿器科、性病科
  • 女性は 婦人科(産婦人科)、性病科
  • 咽頭感染は 耳鼻咽喉科

 

を受診します。

 

病院で検査を受ける場合の費用ですが

 

診察料 3,000〜5,000円
検査代 4,000円
薬代 3,000円〜

 

これは健康保険を使わなかった場合のおよその金額です。

 

健康保険を使えば3割負担になります。
病院によっては、全て自由診療のクリニックもありますし、症状があれば健康保険が使える場合、心配だから検査したいなどの場合は健康保健適用外など、病院の方針で様々です。

 

検査費用が心配な場合は、事前に電話で確認してからお出かけになると良いでしょう。

 

※咽頭感染の場合、淋菌感染症の治療に対応していない耳鼻咽喉科もあります。

 


本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。

※「ふじメディカル」「性病検査STDチェッカー」では第4世代のHIV抗原抗体検査を行っています。

 

淋病についての関連記事です

淋病について
淋病の感染経路
淋病の症状
淋病検査を受けるタイミング
淋病とHIVの重複感染
淋病検査の費用




関連ページ

淋病について
淋病はあらゆる性行為(セックス・アナルセックス・オーラルセックスなど)により「淋菌」に感染して起こる性病(性感染症)です。先進国では減少傾向にあるのに比べ、日本では増加傾向にあります。
淋病の感染経路
淋病はあらゆる性行為(セックス・アナルセックス・オーラルセックスなど)により感染します。感染経路、感染源は風俗女性が60%を占め、一般女性の40%を上回ります。
淋病の症状
淋病はあらゆる性行為(セックス・アナルセックス・オーラルセックスなど)により「淋菌」に感染して起こる性病(性感染症)です。先進国では減少傾向にあるのに比べ、日本では増加傾向にあります。
淋病検査を受けるタイミング
淋病検査を受けるタイミングは大事です。淋病は感染する可能性があった日から2〜3日たっていれば検査可能です。明らかに自覚症状がある場合は、病院で早期診断・早期治療を行うことをおすすめします。
淋病とHIVの重複感染
淋病は最近ではスーパー淋病が流行ってしまい抗生物質が効きにくくなった新しい淋病がでてきています。セックスが多様化し感染の機会が増えたこともひとつの原因ですが、何度も感染を繰り返すと、薬に対する耐性菌が生まれるのもちょっと考えればわかることですよね