性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?

性病検査を受ける場合の注意点(保健所の場合)

性病検査を受ける場合の注意点(保健所の場合)

保健所で行なっている性病検査は、曜日、日時が決まっています。

 

予約制の場合もあるので、あなたが検査を受けよう思っている保健所のスケジュールをまず確認してみましょう。

 

性病検査(性感染症検査)は、「採血」と「採尿」で検査しています。

 

保健所では喉の検査を行なわないため、オーラルセックスの経験がある場合は検査結果に反映されないこともあり注意が必要です。

 

保健所での検査結果が「陰性」だったからといって、100%安心はできないと思っておきましょう。

 

感染の有無を確実に知りたい場合は、病院で性病検査を受けるか、喉用の検査キットを使う方法もあります。

 

性病は放置しておくと、パートナーやあなたの家族へ感染する恐れがあるので、早めに検査を受け治療することが望まれます。

 

 

hiv検査は注意が必要

hiv検査(エイズ検査)はHIV感染後に身体の中にできた抗体を調べる検査です。hivの抗体は感染してすぐにはできないので、感染の有無をはっきりさせるには感染の可能性のある性交渉から3ヶ月以上たって検査を受けることが国のガイドライン上で示されています。  

 

HIVに感染しても感染初期には血液中に抗体やウイルスが検出されない期間(ウインドウピリオド)があるためです。

 

検査で「陰性」という結果がでたとしても、3ヶ月前までは感染していなかったということで、それ以降に気になる性行為があればその日から3ヵ月後に再度検査を受ける必要があります。

 

性病の検査は何度でも受けることができます。

 


本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。

※「ふじメディカル」「性病検査STDチェッカー」では第4世代のHIV抗原抗体検査を行っています。

 

検査キット販売メーカー比較




関連ページ

性病検査を保健所で受けるメリットデメリット
性病検査を保健所で受けるメリットは検査費用が無料という点でしょう。ただ、検査日が決まっていたり検査できる性感染症の種類が限定されること、偶然知り合いと鉢合わせするかも知れないというデメリットもあります。
保健所で受けられる性病検査の種類
保健所で受けられる性病検査は自治体によって異なります。hivはほとんどの保健所で無料で検査ができますが梅毒・クラミジア・肝炎・淋病・カンジダ・トリコモナスなどは事前に確認してから出向きましょう。
性病検査には即日検査と通常検査がある
保健所で行なっている主な性病検査はhiv(エイズ)・梅毒・クラミジアなどです。hiv即日検査、B型肝炎・C型肝炎検査以外の通常検査は結果がでるまでに1週間ほどかかります。
プライバシーは保護されるの?(保健所の性病検査)
保健所で行なわれている性病検査は肝炎以外、ほとんどが匿名検査のため自分の名前を名乗る必要はありません。 検査自体はプライバシーが保護されていますが知人に合うリスクがあります。
検査結果について(保健所の場合)
性病検査を保健所で受ける場合、検査結果は口頭で本人に通知されるためHIVの即日検査以外、ほとんどが2度保健所に出向く事になります。知人と鉢合わせする可能性も2倍です。