性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?

病院の性病検査メリットデメリット

病院で性病検査を受けるメリット

病院で性病検査を受けるメリットは

  • 症状や不安などの個別相談ができる
  • そのまま治療を受けられる
  • 症状によっては健康保険が使える

…などではないでしょうか

 

 

病院で性病検査を受ける一番のメリットは、専門家である医師にしっかり見てもらい、あなたの不安や症状などの個別相談ができる点でしょう。

 

しかし周囲の目が気になったり、病院に行く恥ずかしさや知り合いにばれないか不安に思う人も多いと思います。

 

それでも、性病特有の明らかな症状がある場合、すぐに病院で診察してもらってください。

 

病院で検査を受ける大きなメリットは、そのまま治療を受けられることです。

 

また、病院の場合、健康保険を利用すれば費用は1〜3割負担なので安く済みます。

 

しかし、性病の症状がなく、単に心配だからとか、確認のための検査といった場合は全額自己負担になります。

 

健康保険の適用は医師の判断によります。検査を受ける場合は事前に病院に確認しておくと良いでしょう。

 

症状がなく、確認のために一応検査したい場合は、費用も安く匿名で検査できる「郵送式の検査キット」がオススメです。

 

病院で性病検査を受けるデメリット

病院で性病検査を受けるデメリットは

  • 自分自身が病院に出向く必要がある
  • 誰かに見られる可能性がある
  • 診察を受けたことが保険の記録に残る
  • 匿名で検査できない

…ではないでしょうか

 

 

医療従事者には守秘義務があります。
でも、病院関係者からバレてしまうのではと言う不安も捨てきれません。

 

病院に出入りすることも、待合室で名前を呼ばれることも、対面で受付や診療することも、バレるリスクが高くなるので抵抗があると思います。

 

健康保険を利用すると診察記録に残るので、自由診療を選ぶ人も多いようです。

 

また泌尿器科や性病科では費用を明示して、全て自由診療をおこなっている病院クリニックもあります。

 


本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。

※「ふじメディカル」「性病検査STDチェッカー」では第4世代のHIV抗原抗体検査を行っています。


 

 

 




関連ページ

病院で性病検査費用はどのくらいかかるか
病院で性病検査を受ける場合の費用は検査代だけではありません。初診料、診察料、検査料、交通費もかかります。結果を聞きにいくときにも再診料がかかります。