「セーラームーン」の性病予防ポスター

「セーラームーン」の性病予防ポスター

梅毒感染者は年々増加していて、厚労省によると、2015年の報告患者数は10年の約4・3倍の2697人まで増えたといいます。

 

特に目立つのが若い女性の梅毒感染者が増加していること。

 

そこで厚生労働省は若い女性に感染が広がっている梅毒などの性感染症の予防に役立てようと、人気漫画・アニメの「美少女戦士セーラームーン」が「検査しないとおしおきよ!!」と呼びかける啓発ポスターなどを作成しました。

 

同じセーラームーンのデザインでコンドームも制作していて、自治体を通して成人式などで配るそうです。

 

外装にセーラームーンのイラストが入ったコンドーム6万個、早期発見の重要さをアピールしたセーラームーンのポスター5千枚とチラシ16万枚が出来上がっています。

 

セーラームーンの声が多くの人に届き、梅毒感染防止、予防啓発に少しでも役立つといいですね。

 

ちなみに
梅毒検査は、保健所では無料(一部負担の保健所もあります)で受けられます。

 

他にも皮膚科、泌尿器科、婦人科、性感染症科(性病科)でも検査を受けることができます。

 

気になる症状がある場合は早めに病院で検査を受けることをお勧めします。

 

 

◆関連記事◆
HIV第4世代 抗原抗体検査
梅毒はアナルセックスで感染しやすい?
梅毒は電車のつり革で感染する?
梅毒はお風呂で感染する?

 


本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。

※「ふじメディカル」「性病検査STDチェッカー」では第4世代のHIV抗原抗体検査を行っています。




関連ページ

梅毒感染者2016年は4518人に急増
梅毒が急増する中2016年は1974年以来初めて報告数が4000人を越えました。若い女性に感染者が増えている原因は不明。梅毒は早期発見できれば治療期間も短くすみますが、hivと重複感染すると症状が一気に進みます。
オーラルセックスによる梅毒感染
梅毒は唇や口の中にも梅毒病変ができることがありオーラルセックスでも感染します。痛みやかゆみなどの症状がないため更に他の人に移してしまうこともあります。
性感染症の相談機関
性病・性感染症に関する相談機関として一番身近なのは全国の保健所です。
オーラルセックスで感染しやすい性病
性病に感染したかもしれない、という不安を消し去るには性病検査をうける以外にはありません。病院や保健所で性感染症の検査をおこなっていますが知人と鉢合わせする可能性があります。人に知られず自宅で性病検査ができる『郵送式の性病自己検査キット』という検査方法もあります。